ダイソーの麦茶ポットが便利でおすすめ!冷蔵庫にぴったりサイズはこれ!

ダイソー 麦茶ポット生活
スポンサーリンク

ダイソーで麦茶ポットを見つけました

ダイソーといえば、100円でなんでも揃う庶民にはありがたいお店!

時々、300円や500円の商品もありますが・・・

 

そろそろ暑くなってきて、「麦茶が飲みたいなぁ〜♪」と思い、昨年の麦茶ポットを取り出すと、その汚さに驚き💦

 

ということで、ダイソーに麦茶ポットを探しに行ってきました!

 

ダイソーの麦茶ポットはガラスや耐熱性の商品もあります

麦茶ポットといえば、なんとなくプラスチックのイメージですが、ダイソーの麦茶ポットはガラスや耐熱性の商品もあります。

 

熱いお茶を作る場合はプラスチックが溶けてくる可能性があるので、ガラスか耐熱性のものがおすすめ!

 

「水道水はちょっと不安・・・」という方は、一旦お湯を沸かしてお茶を作るかミネラルウォーターを使いましょう。

 

ダイソーで麦茶ポットを使ってみた!

ダイソー 麦茶ポット

早速ダイソーで麦茶ポットを買ってみました!

1個300円なので、2個買うと600円・・・

ダイソー=100円というイメージなのか、結構高いなぁと思いました。

ダイソー 麦茶ポット

ちなみに、麦茶ポットの蓋はこんな感じです。

至って普通・・・特筆すべきことは何もありません(笑)

ダイソー 麦茶ポット

ダイソー 麦茶ポット

ただし、蓋が洗いにくそう・・・

麦茶ポットは使っていると、蓋の溝(隙間)?に汚れが溜まりがちなので、掃除するときは意外と大変!

 

いつも爪楊枝や隙間ブラシを駆使して掃除していますが、正直面倒くさいです。

SNSで評判を調べると「お茶が漏れてくる💧」との声がありましたが、今のところ大丈夫そうなので、その点は一安心!

まだ使い始めなので分かりませんが・・・

 

ただこの麦茶ポットはちょうど2個で「冷蔵庫の飲み物をいれるスペース」にピッタリ収まるサイズなのは嬉しい。

 

ダイソーで麦茶ポットのシールをキレイに剥がす方法

ダイソー 麦茶ポット

このダイソーの麦茶ポットのように、たまに商品にシールが貼ってあります。

爪などで剥がそうとしてもなかなか剥がれず、逆にスポンジでこすると容器を傷つけてしまいます。

 

あとよくあるのが、紙は剥がれたけどシールのベタベタが残ってしまったというケース。

そんなときに便利なのが、ドライヤー✨

ダイソー 麦茶ポット

こんな感じで、シールの部分にドライヤーの熱風を当てていきます。

冷風ではなく、熱風というところがポイント!

 

温めることによってシールの粘着力が弱まり、きれいに剥がすことができます。

やり方はとても簡単!

シールの部分にドライヤーの熱風を20秒ほどあてるだけです。

ダイソー 麦茶ポット

なんとこんなにきれいに剥がれました✨

シールのベタつきも全くなく、表面もツルツルです。

 

きれいに剥がすコツは、上から順番に重点的に温めること!

「ドライヤーで温める→シールを剥がす」の作業を繰り返せば、失敗なし!

 

下記の動画も参考にしてください。

 

「ダイソーの麦茶ポットを使ってみた」のまとめ

ダイソーの麦茶ポットは、冷たい水で麦茶をつくる分には全く問題がないと思います。

ただし、温かい麦茶を注ぎたい場合は、耐熱性の麦茶ポットがおすすめです!

 

また汚れが掃除しにくいのもデメリットだと感じました💧

 

ダイソーの麦茶ポットのメリット

  • 気軽に手に入る
  • 軽いので、飲み物を入れてもそこまで重くならない
  • 冷蔵庫のスペースにぴったり

 

ダイソーの麦茶ポットのデメリット

  • 熱いお茶を注ぎたい場合は耐熱性のものが必要
  • 蓋の掃除がしにくい
  • ダイソーなのに300円で少し高い